東南および南アジアのIT系大学からのインターン受け入れ支援

これまでミャンマートップレベルのIT系大学からの要請に基づき、IT分野での協力の趣旨に賛同し、インターン生の受け入れを希望するCICC賛助会員企業へのインターンシップ支援を実施しました。この実績を生かし現在他国への展開を図っています。

2020年度はソリューション系2社が本事業に参加。2大学から計7名(UIT5名、MIIT2名)をインターン生として受け入れ。新型コロナ感染症の影響を受けオンラインによるインターンシップを支援しました。

2021年2月のクーデター発生によりミャンマーでの活動は凍結を余儀なくされたことにより、2021年度からはミャンマーでの経験とノウハウを活かして本スキームの他国への展開を図っております。

2022年度はスリランカ、パキスタン、モーリシャスを初めとした各国のプログラムを紹介しました。

2023年度はミャンマーでのプログラムを再開するとともに引き続き他国への展開を図ります。

インターン期間中の日本語授業
同左オンライン授業
2019年10月CEATEC@幕張メッセにおいて開催された
CICCセミナーでのヤンゴン情報技術大学(UIT)学長